バルサ材、その他材料による ラジコン飛行機の組立キットです。
 各写真は出来上りのものです。
 R/C model airplane assembling kits made of balsa,plywood and other materials. Finished appearance
   of each model are shown as photos.
    バルサ キット    
 
            双フロート、スケール水上機         瑞雲 4C−120  
                                       Paul                            諸 元諸元   SPECIFICATION

 実機「瑞雲」は昭和18年に正式採用された日本海軍最後の水上偵察機です。主として南方の水上基
   地に配備されて、偵察、爆撃、特攻などに使われたものの戦果については詳細不明です。総生産機数
   250余機。愛知航空機製。

 ラジコン機としての本機は4st.・110〜155エンジン適合の大型モデル。双フロート水上機ならではの
   水上安定性と素直な離・着水性、飛ばしやすさなど陸上機と同等の扱いやすいモデルとなっています。

 サイドマウントエンジン、サイレンサー内装(OSα110、155)。翼端エルロン、フラップ装備(折り下げ式)。

 各部組立にはゲージを多用、スロットイン方式と併せて正確・容易な組立のバルサキットです。

 カウリング、キャノピー、デカール、その他専用パーツ入り。上級ユーザー向き。
 品番   CODE No, 303
 型番     DESCRIPTION ZU-4C-120
 全長    LENGTH 1525mm
 全幅    SPAN 1780mm
 翼面積   WING AREA  54.2dm2
 全備重量 WEIGHT 4.2〜4.5kg
 翼型    WING SECTION 準対称
 エンジン  ENGINE 4 st 110〜155
 RC (ch)  MECHANISM 5CH 7サーボ
スケール比 SCALE 1/7.2 
   
          
サイドマウントエンジン、サイレンサー内装
(OSα110,α155)。3枚ペラ、排気管はダミーです。
正確、容易なフロートのとりつけ 
フロート後端の水中舵は翼下面のサーボにワイヤーでリンケージ。  
     
 OSエンジン GT-22 搭載例 組み立て時、エンジン取付部を6mm拡幅します。
   
 右側面 左側面  前方より見る。 
     
    右側面。 エンジンを約5mm前に移動。              上方より見る 。  
OSエンジン FSα155 搭載例
  OSα155搭載によるパワーアップ。スタント性向上。
   エキスパート向き。
インカウルマニホールドによりサイレンサー
を下部に配置。カウリング内に完全収納。
右左前方より見る。
スラストライン 2o 左によせる。
右側面 下方より見る 左側面  エンジンは6o前方に移動